産後薄毛食事

油に注意

産後の薄毛を改善したい場合には、食事にも注意が必要になります。

 

 

産後薄毛でしてはいけない食事とは、肉食です。野菜を食べずに肉ばかり食べていると薄毛は改善しないと言われています。肉には、脂肪やコレステロールが高いため、食べ過ぎることで、体内の脂質が多過ぎる状態になります。

 

 

 

頭皮も皮脂過剰となり、毛穴が詰まりやすくなります。その結果、健康な髪の毛が成長しにくくなります。血管の中の中性脂肪の量も増えるため、頭皮の血流が減り、毛母細胞への栄養補給が行き渡らなくなります。栄養不足になると髪の毛が細くなり、全体的に薄い印象へと変化します。

 

 

肉を一切食べないのはストレスにつながる可能性もあります。ストレスがかかるとさらに頭皮にはよくないため、一切食べないのではなく、量が偏らないようにバランスの良い献立を考えることがポイントになります。

 

 

産後は、ダイエットをはじめようとする人も少なくありません。しかし、ダイエットだからといって、食事をあまり取らないようにすると薄毛につながります。特に授乳中の場合は、栄養不足になりやすいため注意が必要です。赤ちゃんに栄養を与えるためにも、毎日のバランスの良い食事を心がけるようにします。