産後薄毛髪型

髪を引っ張らない髪型

産後は、ホルモンバランスが乱れてしまいます。赤ちゃんが生まれてきてからは、育児に家事に自分の時間がなかなか取れません。ふと鏡を見たときに、自分が薄毛になっていることにショックをうけて愕然としてしまうことでしょう。

 

 

 

薄毛は、出産から三か月たったころから目立ってくる人が多いようです。少しでも薄毛を目立たなくするには、普段の髪型を気を付けていくことです。

 

 

 

前髪から後ろまで髪を一つにきつく縛るのは育児中は簡単ですが、やってはいけない髪型です。ゴムで、きつく髪を引っ張ってしまうと髪が抜けやすくなり薄毛の原因になります。髪の負担にならないように、長い髪よりも短くショートにしてしまうのが一番です。

 

 

 

産後は、どうしても生活習慣も乱れてしまいます。夜の授乳などで、寝不足も薄毛の原因の一つです。分け目が目立ってきたなと感じたら、いつもとは違う分け目にしていきましょう。おでこを出した髪型をすると、余計に薄毛が目立ってしまいます。

 

 

 

薄毛になってしまった部分を少しでもカバーして、一番良い髪形を探っていくことです。外出時などは、帽子をかぶって出掛けるのも一つの手です。帽子をかぶることで、人の目を気にする心配がなくなりとてもおススメの方法です。